CONTENTS

| カードを作る際の注意点

クレジットカード・現金化の会社を利用する際の注意点

まずは契約するクレジットカード会社を選ぶ

やはり、まず最初に重要なのが現金化をしてくれるクレジットカード会社を選ぶことですよね。カードでお金のお店を選ぶ時に出くわしたくないのが、クレジットカード会社を銘打った悪質な業者も存在です。
インターネットなどで、現金化と検索をすると、膨大なページが検出されてきます。
そのなかから、契約したいと思うクレジットカード会社を選ぶのはなかなか容易なことではありません。
しかし、現在沢山あるその関連会社の中から、よりよいクレジットカード会社を選ぶためには、様々なクレジットカード会社を比較してみたり、口コミをチェックしてみたり・・・と、とにかくいかにうまく沢山の情報を収集できるか?が、ポイントになってくると思うので、ここはめげずにしっかりと入念に探すことをオススメします。
それから、もうひとつ何よりも予め確認しておきたいことは、自分がなにを目的に現金化の関連会社を利用したいのか?や、今後の利用目的についても明白に把握してしておくことが必要になって来ます。契約したいクレジットカード会社が見付かったとしても、またそれぞれのクレジットカード会社でプランがいくつも存在していることがあるかもしれません。
それから、現金化したいからといって、あれもこれもと欲を出してしまうと、多重契約をしてしまったりすることもあるかもしれませんので、注意しましょう。
そうでないと、後々自分への負担が増えてしまっていたり、返済にとても困ってしまったりと他人の責任としてクリアできない問題も発生してしまいかねません。
なので、どんなに急いでいたとしても、最初の自分への理解がポイントとなります。

書類をしっかり確認する

契約書や規約書には、契約するにあたっての説明が記されていますよね。
“文字が沢山あるから面倒くさい”などと、確認を怠ってしまうとクレジットカードや情報を紛失した際に大変困ってしまいます。
それから、金利・手数料や利息、そして損害補償など、利用する際に発生する負担や責任が自分にどれくらいあるのかも、事前に確認しておく必要があります。
しっかり把握しておかないと、あとで自分に対しての負担が大きくなってしまう場合があるので気を付けるようにしましょう。

インターネットでの手続きについて

インターネットでページを閲覧しているときに、ログインやパスワードが必要なページには“SSL(エスエスエル)”という言葉があると思います。 SSLとは、暗号化されたデータを送受信するために必要な通信プロコトルのことで、セキュリティの管理性が高く、規制が必要な関連会社のページなどにも多く用いられています。
この機能はとても有効なのですが、暗号化されてデータが送信されたとしても、パソコンで入力する場合はその使ったパソコンに暗号化される前(入力した時)のデータがそのまま残っていることがあります。なので、自分で管理しているパソコン以外でのクレジットカード会社や現金化の会社への手続きは止めましょう。
自分で行った動作に関してまでは、手続きを行ったどのクレジットカード会社でも負担は行いませんので、充分に配慮して下さい。現金化の方法はインターネットを利用しなくてもできるやり方がありますので、心配な方は直接お店に行くのが安心です。

recommend

2017/10/11 更新